読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

namatamagoのどたばたマイホーム日記

北海道での家造り。低予算でどこまでできるかやってみた

第3話 ひっくりカエル

前回のつづき。

 

資料整理しながらふと思い出した

実家を建ててくれた工務店

 

ここなら顔見知りだから

ちょっとくらいサービスしてくれるかも~!?

 

 

とまたまた軽いノリで考えた私。

早速母に連絡を取って 

工務店について色々聞き出すと…

(実家は広めの6SLDKくらい+ロフト付)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…え?

 

 

 

 

…うそでしょ?

 

 

 

 

まさかのビックリ価格!!!!

 

 

 

 

もーね、ビックリしたってか

たまげました。

 

 

 

細かい数字は書けませんが

70坪の土地に6SLDKくらいの馬鹿みたいに広い家で諸経費諸々全部ひっくるめて

 

 

 

 

 

まさかまさかの3000万以下!!!!

 

 

3000万きってるんですよ!?

 

 

有り得ます!?

 

 

 

 

 

 

しかも長期優良住宅w

 

どんだけサービスされてんだよww

 

 

平均坪単価60万施工の工務店

 

「仕様は超フツーでいいからとにかく部屋数造ってください~」

 

 

って頼んだら

 

 

 

コレですよ。

 

 

この世界は自分の知らない事柄で満ちているやつですよ。

 

 

 

 

 

 

こんな好条件逃せません!

 

いや、むしろもうここで建てて下さい!

 

 

 

 

テンション上がっちゃった私が

この後すぐに工務店に電話したのは言うまでもない。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

第2話 ふと気づいた話

マイホーム計画を進めるにあたって

早速向かったSUUMOカウンターでは

あまりにも無知すぎてちょっと恥かいた私。

 

 

 

夢が詰まった重たーーいリュックをチャック全開で持ち帰ったはいいけど、

 

 

結局本に載ってるような

 

ピカピカー!   広ー! 眺め良すぎー!  

もーこれなら玄関に住めちゃうー!

 

みたいな

全く参考にならないスバラシイお家の数々。

 

 

あーお金無駄使いした。

ちゃんと中身確認してから買えば良かった。

 

 

もういらないや。

さて、これは資源ゴミですね~…

 

 

 

 

 

その時。

 

ふと思い出した。

 

 

 

 

そういえば、3年前に実家を建ててくれた工務店はなんてとこだっけ?

 

 

 

 

 

そう。

 

実は身内に建築関係の仕事してる人がいて、

紹介してもらった工務店で無事にマイホームを手に入れた両親。

 

そうじゃん。

 

 

あるじゃん。

 

 

工務店あるじゃん!!

 

 

 

しかも身内の知り合いならサービスしてくれるかも!?

 

 

そんな浅はか極まりない思いつきで

 

行動力だけはあるわたしは

 

早速母に電話をしたのでした。

 

 

 

つづく

 

 

 

 

第1話 マイホーム計画

夫婦・・・30代

子供・・・小学生姉妹

会社員と訳あり専業主婦の私達。

 

数年前まで大〇建託の3LDK賃貸で暮らしていました。

その頃のアパートは学校から車で15分の学区外。

訳ありで一時的に半年間だけ送り迎えする毎日。

 

これがほんとに辛かった!!

 

運転は嫌いじゃないんだけど

北海道の冬道は常に危険と隣り合わせ。

毎日

「今日は死にませんように…」

とか祈りながら通学。

 

 

そんな時にふと

 

あ~ やっぱり学校の近くに住みたいな

 

とね。

 

なにより子供たちが友達と遊んだりできないことが可哀想だな~って。

 

そんな時に

 

マイホームって…どうなの?

 

ってなりまして。

 

もう勢いですぐ近所にあったSUUMOカウンターに予約しましてね。

 

色々相談したんですよ~

 

でもね~ 

 

  1. 希望の場所はあったけど土地も決まってない。
  2. 予算が決まってない。
  3. そもそも銀行から融資してもらえるの?このささやかな年収で?
  4. ってか私仕事してないし、これからするつもりもない。(訳あり)
  5. いいなーと思う工務店もない。

 

こんな感じでテキトーすぎるくせに行動力だけあった私は

無事にSUUMOカウンターで大した話もすることなくトボトボ帰ってきましたとさ。

 

でも一応帰りに 北海道の住宅情報雑誌は買って帰ったけどね。

 

あの分厚い本を6冊くらいリュックに入れて。

5km離れたアパートまでトボトボとね。

 

家に着いたら本の重みでチャック全開だったけどね。

 

しかも隅から隅まで読み漁ったけど

実際全然参考にならないのー!

 

低所得者なめんな!

ちくしょーーー!

 

 

つづく

 

 

 

マイホームに向けてつらつらと

北海道からマイホームを手に入れるまでの

長い長いみちのりを

勝手気ままに何も気にせず思ったことを書きたいと思います。

私の独り言。

はじまりはじまり~